ピニトール,効能

 

 

ピニトールは豆乳などの大豆製品やルイボスティー、アイスプラントという野菜から摂れる栄養成分です。

 

まだ馴染みの薄い栄養成分ですが、注目度あげています。

 

他の成分には見られない効能があるからです。

 

ピニトールの様々な効能

 

・血糖値を下げる効能

 

ピニトールは血糖値を調整する作用があります。

 

血糖値を下げる効能があることから植物性のインスリンとも言われています。

 

インスリン抵抗性の改善が期待できるんです。

 

・肝機能の改善

 

肝臓の抗酸化機能をサポートし肝機能を健全に導きます。

 

・抗炎症作用

 

大半の病や怪我は炎症状態です。

 

抗炎症作用により、病気の予防、怪我の早期治癒が期待できます。

 

・抗糖化作用

 

抗糖化作用により骨粗鬆症や動脈硬化を予防できます。

 

また肌が必要以上に糖化すると、黄ぐすみ、ハリや弾力の低下、シワやたるみの増加を招きます。

 

ピニトールは美容にも効能のある成分なんです。

 

 

以上のような効能ピニトールにはあります。

 

 

 

【高血糖は様々な合併症を..】

 

糖尿病=血糖値が高い病気は様々な合併症をもたらします。

 

血糖値が高いということは、血液中に糖分過多の状態なんです。

 

 

砂糖をたくさん溶かした水がそうであるように、

 

糖分値が高い血液はドロドロなんです。

 

血流が悪くなることで様々な合併所をもたらすのです。

 

 

 

ピニトールで予防・改善を期待できる合併症や疾患】

 

・糖尿病腎症

 

高血糖になると腎臓病になるリスクが高まります。

 

血流が悪くなることで、腎臓の機能が低下するんです。

 

・動脈硬化

 

ドロドロした血になることで、血管が詰まりやすくなります。

 

血糖値が高いと脳梗塞、心筋梗塞になるリスクが2倍になるというデータがあります。

 

・糖尿病神経障害

 

血液がドロドロした状態になると、神経に障害を起こし、身体の感覚が麻痺、低下、障害が起きます。

 

手の震えや痙攣、冷え、無感覚などの症状に見舞われます。

 

・糖尿病網膜症

 

目に通う血液が悪くなり起こる病です。

 

視力の低下や失明、視界がボヤけて見えるなどの症状があります。

 

・糖尿病白内障

 

高血糖になることでソルビトールという物質が水晶体の中に蓄積することで発症すると言われています。

 

水晶体が白く濁ってしまうことにより、視界がかすんだり、濁ったり、異様にまぶしかったりするのが初期症状です。

 

放っておくと、著しい視力の低下や失明などの危険性もあります。

 

・多嚢胞性卵巣症候群・PCOS

 

多嚢胞性卵巣症候群・PCOSの要因の1つに「インスリンの機能が悪くなること」があるされています。

 

ピニトールがインスリンの感受性を高めることでホルモンバランスを正常に戻すとされています。

 

米国では多嚢胞性卵巣症候群の患者には、ピニトールが処方されるそうです。

 

 

糖尿病に関する記事を書いていたら、糖分が凄く悪いものに思えてきました。

 

たしかに糖尿病は恐い病気ですが、糖分が絶対悪ではありませんね。

 

 

むしろ絶対に必要なエネルギー源でもあります。

 

私はチョコレートがないとダメな人間です。

 

ピニトール,効能

 

あ〜チョコレート食べたい..笑

 

 

チョコレートを食べると身体の疲れが取れる気がするんです。

 

甘いものは良い気分転換にもなりますね。

 

 

ただ、糖分を摂り過ぎる、または、身体を動かさずに摂った糖分を発散させないことがダメだ、という話ですね。

 

ピニトール・サプリメント・グラシトールをこちらで紹介しています。