スポーツドリンク,血糖値

 

 

血糖値対策として適度な運動をする人がいますね。

 

運動、体を動かすことは積極的にどんどんやるべきです。

 

血糖値対策はもちろん、健康全般においてとても有益なことだからです。

 

 

運動をしてるけど血糖値が下がらない..という方がいたら、今回の記事は参考になるかもしれません。

 

スポーツドリンクの健康的なイメージはいいですが..

 

スポーツドリンク,血糖値

 

運動の後のスポーツドリンクは美味しいですね。

 

ですね..ですが、スポーツドリンクは血糖値を強烈に上げてしまうことをご存知でしょうか?

 

 

スポーツドリンクの宣伝文句は「体液と同じ」「体液と同じだから吸収率が抜群」など、いかにも体に良いというイメージです。

 

 

運動のあとにスポーツドリンクを飲むことはたしかに効果的です。

 

ですが、血糖値に限って言えば好ましくないのです。

 

 

というのも、スポーツドリンクに含まれる糖分は意外にも多量なんです。

 

商品名は避けますが、ある有名スポーツドリンク500ml(ペットボトル)には、砂糖が約40gも入っています。

 

約40gはおよそ角砂糖8個分です。

 

 

たしかに他のフルーツ系飲料や炭酸ジュースに比べれば、糖の量は少ないです。

 

ですが500mlに角砂糖8個分です。

 

 

自分で紅茶やコーヒーを作って、角砂糖8個入れた時のことを想像してみてください。

 

かなりの甘さであることに気づくはずです。

 

 

やっかいなのは、スポーツドリンクの清清しく爽やかで健康的なイメージです。

 

そのイメージのために何の疑いもなく、ゴクゴクと多量を飲んでしまうのです。

 

冷えていると甘さも感じにくいですね。

 

そのためにさらにゴクゴクと多量に飲んでしまいやすいのです。

 

 

またスポーツドリンクに含まれる糖分は、糖のなかでも単純構造です。

 

ご飯の糖分は時間をかけてゆっくり吸収されるのに対し、スポーツドリンクの糖分は単純構造であるが故に、すぐに吸収されやすい性質を持っています。

 

吸収されやすいということは、それだけ急激に血糖値も上昇しやすいのです。

 

急激な血糖値の上昇は..

 

急激な血糖値の上昇は、

 

・細胞膜にダメージを与える。

 

・老化を促進させる。

 

・反応性低血糖を誘発する。

 

・糖尿予備軍を誘発する。

 

など、体に弊害をもたらす可能性があります。

 

 

以上のことから、

 

血糖値対策をしているのであれば、例え運動の後であってもスポーツドリンクは飲むべきではありません。

 

では何を飲むべきなんでしょう!?

 

 

水がベストです。

 

もしくは無糖のお茶類や無糖のジュースが好ましいでしょう。

 

スポーツドリンク,血糖値

 

植物由来の血糖値対策サプリについて→こちら←で紹介しています。